誰にも言えない深刻な悩み

セックスを長く気持ちよく楽しめないだけでなく、精神的にも辛いのが早漏です。

現在、日本の男性の3人に1人が早漏であるといわれています。早漏で悩んでいる男性は意外と多いもので、それが原因で女性に積極的になれない、自信が持てないなど副次的な問題を抱えてしまう方も多いようです。

「どうすれば早漏が治るんだろうか」

早漏でお悩みの方は一度は疑問に思ったことがあるでしょう。実際に色々な方法を試してはみたものの、効果が出なかったという方もいたのではないのでしょうか。

このサイトでは、そんな早漏にお悩みの方のために、数々の早漏改善方法をご紹介しています。無料で気軽に試せるものから、お金をかけてでも早漏を治したいと考えている方向けのものまで幅広くご紹介しているので、是非自分に合った早漏対策法を見つけて根気強く続けてみてください。

早漏の定義って?

そもそも、何をもって「早漏」というのでしょうか。

実は早漏に明確な定義というものはありません。

従って早漏かどうかを決める最も重要な基準は、「自分自身で早いと感じるかどうか」というところになります。たとえば10分間は持続するにも関わらずそれが早いと感じていればそれを改善する対策をとるべきですし、3分程度で射精してしまう方であっても特にそれが早いと感じていなければ特に悩む必要もないでしょう。

ただ、そうは言っても実際のところ「女性にとってはどこからが早漏なのか」「平均的にはみんな何分くらいなのか」といったことは気になる点でしょう。参考までに以下でご紹介しておきますのでご参考にして下さい。

女性にとっての早漏

実は、早漏を好意的にとらえ、むしろ歓迎している女性も数多くいるんです。その理由としては以下のようなものがあります。

  • セックスが長いと疲れる、痛くなるから
  • 気持ちよく感じてくれているのがわかるから
  • 挿入メインのセックスより前戯メインのセックスのほうが好きだから

もしかすると、今早漏で悩んでいる方の中には、それほど気にしなくても大丈夫という方もいるのかもしれません。

しかし、すべての女性が早漏に好意的というわけではなく、長いほうが言いという女性ももちろんいます。また挿入前に射精してしまったり、1分も続かなかったりということがあれば、さすがに早漏好きの女性でも落胆してしまうかもしれません。女性によっては長い時間挿入していないとオーガズムに達することができない人もいるため、注意が必要です。

平均は何分?

では、日本人の男性の中ではだいたいどれくらいの時間が平均なのでしょうか。

一般的に年齢を重ねるごとに射精するまでの時間は長くなるといわれていますが、平均的には10分程度であるといわれています。

したがって単純に「射精するまでの時間」という観点からみると、おおよそ3分以内程度で射精してしまうと早漏と考えても良いのかもしれません。

早漏の原因とは

自分が早漏であるということがはっきりしており、それに悩んでいるのであればこのサイトに載せてある改善法を是非試してみてください。

ただ、対策をする前に自分の早漏の原因をある程度はっきりさせておいた方が、より効率的に早漏改善に取り組めるでしょう。

実は早漏の原因というのは人によってまちまちなんです。主なものとしては、以下の3つがあります。

  1. 肉体的要因
  2. 心理的要因
  3. 衰弱的要因

それぞれの特徴や対策法についてはこちらの記事で解説しているので参考にして下さい。

早漏になる原因を知って、生活習慣から変えていこう。

最近早漏になったんだけど、これって年齢のせい?加齢と早漏の関係

今すぐ始められる早漏対策とは?

ある程度自分の早漏の原因をはっきりさせることができたら、対策を始めましょう。

「早漏対策ってお金がかかるの?」とご心配される方も多いかもしれませんが、お金をかけずに気軽にできる対策法もあるので、まずは以下のものから試してみてはいかがでしょうか。

金玉冷やして早漏防止。金冷法をご紹介。

セックス前にオナニーをすると早漏は改善できる?

早漏を改善できるスクイーズ法とセマンズ法を伝授します。

また、早漏に聞くと言われている身近なものから早漏対策専用のグッズまで以下でご紹介していますので、自分に合ったものを見つけてみてください。

早漏は漢方を飲んだら治るのか?漢方がちんこに与える影響とは

早漏改善の裏ワザでムズメンや軟膏を塗るのがいいって聞いたけど…

早漏は増大サプリで改善できる?むしろ絶倫にすらなれてしまう。

早漏防止グッズを紹介。コンドーム以外にもスプレーやローションも

「最終兵器」

基本的に早漏を改善するには、どんな方法を使うにしてももっとも重要になるのが「継続すること」です。

早漏は一朝一夕ですぐに改善するものではなく、今のところ早漏がどんな人でも100%治るといった特効薬のようなものもないため、自分に合った早漏対策法を根気強く続けていかなければ効果を実感するのは難しいでしょう。

しかし中には「今すぐ早漏を治したい」「早漏が治るならいくらでもお金がかかってもいい」という方もいるでしょう。

そんな方は、手術を選択肢の一つにしてもいいかもしれません。ただ注意して頂きたいのが、

  • 手術をすれば必ず早漏が治るというわけではない
  • 術後の後遺症など一定のリスクが必ず存在する

といった点です。

手術に関しては、こちらの記事で詳しい効果や方法、リスクなどを解説しているので、手術に興味のある方は是非ご参考に。

早漏を治す最強の方法は手術。実際のところ、どうなの?

最終兵器の早漏治療を行うのが怖いかたは、精力剤に頼るのも戦略の一つかもしれませんね。